最強平成ソング

こんにちは!講師の黒田です!

先週、テレビ朝日の関ジャムスペシャル企画で「最強平成ソングベスト30」なるものが放映されていました!

皆さんはみられましたか?

私は電車の遅延などで帰宅が遅れに遅れ、やっと番組を見始めた頃には2位の発表、という感じになってしまいました汗。

そして予想を練る暇もなく発表されてしまいましたが、

2位はキリンジ、エイリアンズ

え!意外です!

大衆向けの曲ではないなと思います。

なんだかこのランキングは一味違うようです。

独特の浮遊感、これは4和音を超えたコードに秘密があったりします。

弾き語りなどではよっぽど難しい曲でないとお目にかかれませんね。

9.11.13などが入っているコードたちです。

テンションコードと言われます。

ちなみにこのコードを使ってなくても、「メロディが9.11.13にあたる音を使用している場合」も同じ雰囲気を持ちます。

ぱっと見ではわからない難曲達ですね。

弾き語り難易度はとても高いです。基準になる音が自分で鳴らさない事が多くなるので。

作曲で#11thコードなんかを使えるようになってきたら、ポップスでの難解コード最高レベルまで達しているのではないでしょうか⁉︎

ただ、この手のコードを多用すると大衆向けソングからは遠ざかってしまうので注意です。

エイリアンズは冨田恵一さんが作曲をされています。

MISIAのeverythingも作曲されています。

この方が手がけた曲はテンションコードのサウンドがカッコ良く使われています!

是非聴いてみてください!

さて、

1位ですが、何でしょうか?

2位がエイリアンズでしたので、ランキングの予想は全く出来ませんでした。

1位は宇多田ヒカルさんのautomatic

なるほどなぁ。1位と言われたら納得です。

とにかく影響力が強いです。

未だにこのR&Bというかダンスミュージックというか、進化し続けて音楽シーンの最先端にいますから。

20年以上この流れが続くとは…!

曲のクオリティも高いです。コードもメロディもカッコ良い!

弾きたくなったのでギターでカバーしてみました!

この曲、弾くときに注意なのが、

「ブルージーな音」がメロディに入っています。

ちょっと低めに歌ったりで、「音と音の間」を再現する必要があります。

ピアノでメロディ弾くことは難しいと思います。

演奏する前にピアノ譜を買ってみましたが、そのまま弾いても「なんか違う」だらけになりました。

ギターはスライドやチョーキングなどで再現できる事があるのでチャレンジしてみましょう!

練習はYouTubeのカラオケ音源を検索して使用しました。

MIDI音源だったりで本当の再現は難しいだろうなと思いつつ。

がしかし!

予想に反してしっかり再現されていて驚きました!

時間もかけただろうし、テクニックも凄い…!

前の記事

真の絶対音感