自動ギター作成機


こんにちは!講師の黒田です。最近、親知らずが成長してきて顎が痛いです。

今日は鳳山先生から面白い話が聞けましたので紹介します。

鳳山先生の話では「自動でギターを作ってくれる機械」がアメリカに登場したとの事。

どういう物かと言いますと、

AIがまず材質から、木材のどの部分を使えば音の響きが良いかを選びだします。

さらにブレイジングなどギターの構造をデータに基づいて、自動で作り出すらしいです。

結果、低価格で「良い音のするギター」が実現可能に!

どれくらい低価格かと言いますと、向こうの値段で10万を切るらしいです!

いま新品で売られている15万〜20万くらいのギターが完全に負けてしまう勢いです。

では定価40や50万を超えてくるような高級ギターは負けてしまうのか?

そんな事はなさそうです。

良く響くから「良い音」「好きな音」とはなりません。

音の伸び、

音の大きさ、

高音が強い、

低音が強い、

音の線が細い、太い、

倍音の出方(音色)

これらの違いが音の個性を作ります。

丁寧に作られたハンドメイドのギターはその違いを楽しむことができます。

鳳山先生は自動で作られたギターを試奏されたそうですが、

「良い音だけど個性がなー」との感想。

やはり好きな音はそんなに簡単には手に入らないもの…そう思ってしまいました。

とはいえ、どんな音がするのか実際に試奏してみたいですね。

このギター、日本での登場はまだ先になりそうです。(来年くらい?)

さて、今日はアコギを一つ、弦の張り替えをしました。

以前、生徒さんに頂いた85/15ブロンズ弦に張り替えてみました。

普通の80/20と比べて、ちょこっと銅とすずの配合が変わります。

この弦、僕が欲しかった音域が出てくれて気に入りました!

歌に合いそうです。

「フィンガースタイル」よりは「弾き語り」に向いてそうです。

是非お試しあれ!